奈良春日野国際フォーラム 甍~I・RA・KA~の写真

催し案内

komparukai_190922

令和元年度 奈良金春会演能会(9月22日)

  • 2019年9月22日(日)
  • 午後0時30分はじめ
  • 奈良春日野国際フォーラム 甍 ~I・RA・KA~ 能楽ホール
  • 窓口販売中

奈良県大芸術祭参加

令和元年度 奈良金春会演能会

能「江口」(えぐち)
 旅の僧(ワキ)が供の僧(ワキツレ)を連れて、淀川沿いの江口の里を訪れる。里の男(アイ)から遊女江口の君の旧跡を教わった僧は、その昔に西行法師が、夜の宿を江口の君に求めた歌を口ずさむ。すると里の女(前シテ)が現れ、江口の君の返歌と現世への執着を戒める歌の心を教える。そして自分こそ江口の君の霊であると明かし、消え失せる。里の男から江口の君の話を聞いた僧が弔いをすると、月夜に江口の君の霊(後シテ)と遊女たち(ツレ)が屋形船に乗って現れる。遊女たちは身のはかなさを嘆き、船遊びのさまを見せる。江口の君の霊は舞(序ノ舞)を舞うと普賢菩薩に変じ、白象に乗って西の空へ去る。
 西行が遊女と歌を交わしたことや遊女が普賢菩薩へと変じた説話などを素材にしています。世阿弥作。
能「黒塚」(くろづか)
 阿闍梨祐慶(ワキ)が従者(ワキツレ)を伴い、陸奥安達ヶ原を訪れる。祐慶たちが一軒の庵に宿を乞うと、女(前シテ)が一行を庵へ招き入れる。女は枠桛輪[わくかせわ](糸車)を回して糸繰りのさまを見せ、憂き世の辛さを謡う。やがて夜が更け、寒さが増したので、女は薪を集めに行こうとする。閨[ねや](寝室)の中をけっして見てはいけないと女は祐慶に言い置き、山へ出かけて行く。祐慶が眠りにつくと、能力[のうりき](山伏の召使い アイ)が閨をこっそりのぞいてしまう。閨に死体が山と積まれているのを目にした能力は、祐慶に報告。驚いた一行は逃げ出すが、鬼女となった女(後シテ)が約束を破ったことを恨み、襲いかかる。
 安達原の黒塚に鬼が住むという伝承を基にした能。人間的な苦悩をも感じさせる鬼女が登場します。女が枠桛輪を回しながら謡う「糸尽くし」の歌も聞きどころ。

                                解説 中司 由起子

次回以降の予定
10月20日(日) 能「班女」「鵺」
午後0時30分はじめ

  • 番組 (PDF/1.8 MB)
  • 【販売金額】5枚綴回数券   20,000円
    一般1回券    5,000円
    学生1回券    2,500円 ※
    ※ 申し訳ございませんが、学生券は、当館ではお取り扱いしておりません。
      下記お問い合わせ先までお願いいたします。
  • 【問い合わせ先】 電話:0742-33-9720(金春)
  • 【チケット販売所】
    ◎奈良春日野国際フォーラム 甍 ~I・RA・KA~ 電話:0742-27-2630(月曜休館)
    ◎奈良金春会 電話:0742-33-9720(金春)
toukae-noh_2019o

【終了】なら燈花会能(8月11日)

  • 2019年8月11日(日)
  • 午後0時30分開場 午後1時開演
  • 奈良春日野国際フォーラム 甍~I・RA・KA~ 能楽ホール
  • 当館窓口、他にて前売り券販売中
  • チラシ (PDF/2.0 MB)
  • 【販売金額】前売券 一般 5,000円
        学生 2,500円
    当日券 一般 6,000円
        学生 3,000円
    (当日正午より座席指定)
  • 【問い合わせ先】 主催:特定非営利活動法人 奈良能  電話:0742-22-2660
  • 【チケット販売所】
    奈良春日野国際フォーラム 甍~I・RA・KA~
                 TEL:0742-27-2630
    奈良県文化会館      TEL:0742-22-0200
    奈良県橿原文化会館    TEL:0744-23-2771
    奈良市観光協会      TEL:0742-27-8866
    奈良能 理事長 石原昌和 TEL:0742-22-2660
                 FAX:0742-27-2459
    出演者

    *以下では現在お取り扱いしておりません*
    奈良県ビジターズビューロー TEL:0742-23-8288
komparukai_190623

【終了】令和元年度 奈良金春会演能会(6月23日)

  • 2019年6月23日(日)
  • 午後0時30分はじめ
  • 奈良春日野国際フォーラム 甍 ~I・RA・KA~ 能楽ホール
  • 窓口販売中

令和元年度 奈良金春会演能会

能「加茂」(かも)
 播磨国室の明神の神職(ワキ)が、都の加茂社の御手洗川で水を汲む二人の女(前シテ・前ツレ)と出会う。女は社の由来を語り、自分たちは神の化身であると明かし消え失せる。末社の神(アイ)が加茂神の来臨を予告すると、天女姿の御祖神(みおやのしん・後ツレ)が出現して神徳をたたえ、川の水に袖を浸して涼む。やがて別雷神(わけいかずちのしん・後シテ)が天から降り来り、雷をとどろとどろと踏み鳴らし五穀豊穣を誓う。
 矢立台の作り物(舞台装置)は、本作のみに使う特殊な祭壇。清浄な水辺の風景は、様々な川の名を謡い込んだ川尽くしの謡いで表現されます。金春禅竹作か。

能「頼政」(よりまさ)
 旅の僧(ワキ)が宇治の里で老人(前シテ)と出会い、あたりの名所を教わる。老人は、源三位頼政が戦に敗れて自害をした平等院の「扇の芝」へ案内すると、自分こそ頼政の幽霊と名乗りかけて姿を隠す。里に住む男(アイ)に話を聞いた僧の夢の中に、頼政の幽霊(後シテ)が生前の老武者の姿で現れる。頼政は宇治川での源平両軍の戦いぶりを語り、辞世の歌を詠むと芝の草陰に消え去る。 
 頼政は所作を交えつつ宇治の合戦を力強く語ります。源平それぞれの武者たちの戦いが目の前に合戦絵巻のように浮かびあがります。鋭い眼が特色の頼政の面(専用面)を用います。

解説 中司 由起子

次回以降の予定
9月22日(日) 能「江口」「黒塚」
10月20日(日) 能「班女」「鵺」
各日 午後0時30分はじめ

令和元年度 連合謡曲仕舞会 予定日 7月21日(日)

  • 番組 (PDF/1.4 MB)
  • 【販売金額】5枚綴回数券   20,000円
    一般1回券    5,000円
    学生1回券    2,500円 ※
    ※ 申し訳ございませんが、学生券は、当館ではお取り扱いしておりません。
      下記お問い合わせ先までお願いいたします。
  • 【問い合わせ先】 電話:0742-33-9720(金春)
  • 【チケット販売所】
    ◎奈良春日野国際フォーラム 甍 ~I・RA・KA~ 電話:0742-27-2630(月曜休館)
    ◎奈良金春会 電話:0742-33-9720(金春)
komparukai_190922

【終了】平成31年度 奈良金春会演能会(4月21日)

  • 2019年4月21日(日)
  • 午後0時30分はじめ
  • 奈良春日野国際フォーラム 甍~I・RA・KA~ 能楽ホール
  • 窓口販売中

平成31年度 奈良金春会演能会

能「八島」(やしま)
 旅の僧(ワキ)が供の僧(ワキツレ)を連れて讃岐国八島の浦を訪れる。僧は漁師の老人(前シテ)と若者(ツレ)に宿を借りようと声をかけるが、老人は宿を断る。しかし僧が都の人と知り、小屋の内へ招き入れる。老人は僧の求めに応じて、源平の八島合戦での三保谷四郎と悪七兵衛景清の兜の錣(しころ)引きの話を語ると、源義経の名をほのめかし消え失せる。浦の男(アイ)に八島合戦の話を聞いた僧は、このまま夜を過ごすことにする。やがて僧の夢に甲冑姿の義経の霊(後シテ)が現れ、波間に落とした弓を名誉のために取り戻したことを語り、修羅道の戦いの様を見せる。
 修羅道の厳しい戦いが八島の海山、空を背景にダイナミックに描かれます。世阿弥作。

能「藤戸」(ふじと)
 藤戸の先陣の功に備前国の児島を賜った佐々木三郎盛綱(ワキ)が、従者(ワキツレ)を伴い領主として藤戸を再び訪れる。すると老女(前シテ)が盛綱に我が子を殺されたと言って激しく詰め寄る。浦の男から藤戸の浅瀬を教わった盛綱は、浦の男が浅瀬を他人にも教えるのではと思い、浦の男を斬り殺したと告白する。泣き伏す老母に盛綱は供養を約束する。盛綱の家人(アイ)が老母を家に送り届けた後に浦の男の法要が営まれる。やがて浦の男の亡霊(後シテ)が現れ、殺されて海に沈められた恨みを述べる。
 母親が悲しみを訴える場面には深い絶望感と切迫感が満ちています。
 素材は『平家物語』巻十「藤戸」。
                                  解説 中司 由起子
次回以降の予定
6月23日(日) 能「加茂」「頼政」
9月22日(日) 能「江口」「黒塚」
10月20日(日) 能「班女」「鵺」
各日 午後0時30分はじめ

平成31年度 連合謡曲仕舞会 予定日 7月21日(日)

  • 番組 (PDF/1.3 MB)
  • 【販売金額】5枚綴回数券   20,000円
    一般1回券    5,000円
    学生1回券    2,500円 ※
    ※ 申し訳ございませんが、学生券は、当館ではお取り扱いしておりません。
      下記お問い合わせ先までお願いいたします。
  • 【問い合わせ先】 電話:0742-33-9720(金春)
  • 【チケット販売所】
    ◎奈良春日野国際フォーラム 甍~I・RA・KA~ 電話:0742-27-2630(月曜休館)
    ◎奈良金春会 電話:0742-33-9720(金春)
komparuyasuyuki25th

【終了】第25回 金春康之演能会

  • 2019年3月31日(日)
  • 午後2時~5時
  • 奈良春日野国際フォーラム 甍 ~I・RA・KA~ 能楽ホール
  • 2019年1月18日(金)より発売

比翼の鳥ともなり 連理の枝ともならんと 誓い合いながら
仙界と人間界に分かれてしまった 楊貴妃と玄宗皇帝 ―
死して魂にかえり 仙女となりながらも その心を去らない離別の悲しみを 連綿と描く
金春禅竹作《楊貴妃》

  • チラシ (PDF/3.0 MB)
  • 【販売金額】正面指定席・・・・・・5,500円
    脇正面指定席・・・・4,500円
    中正面指定席・・・・3,500円
    学生席・・・・・・・・・・2,500円
  • 【問い合わせ先】 電話:0743-56-3169
  • 【チケット販売所】
    金春康之後援会事務局
    電話/FAX 0743-56-3169
    受付時間 10時~17時
船弁慶_H30

【終了】新春わかくさ能(2019年1月14日)

  • 2019年1月14日(月・祝)
  • 午後2時開場 午後2時30分開演
  • 奈良春日野国際フォーラム 甍 ~I・RA・KA~
       能楽ホール
  • 2018年10月25日(木)窓口販売開始
       (午前9時 ~ 午後5時)
       電話・インターネット(オンラインチケット)受付は
       2018年10月26日(金)午前9時開始



仕舞「箙」(えびら)
狂言「蚊相撲」(かずもう)
能 「船弁慶」(ふなべんけい)白波之伝

  • チラシ (PDF/1.6 MB)
  • 能楽ホール座席図 (PDF/192 KB)
  • 残席情報 (PDF/81 KB)
  • 【販売金額】S席 4,000円 A席 3,500円 (全席指定)
  • 【問い合わせ先】 主催:奈良県(奈良春日野国際フォーラム)  電話:0742-27-2630
  • 【チケット販売所】

    • 奈良春日野国際フォーラム 甍 ~I・RA・KA~
      電話:0742-27-2630 奈良市春日野町(月曜休館)
      チケット販売期間:10月25日(木)~ 1月14日(月・祝)
      ※ 12月28日(金)~ 1月4日(金)は年末年始休館。

    • 奈良県文化会館(文化情報センター)
      電話:0742-22-0200 奈良市登大路町(月曜休館)
      ※ 申し訳ございませんが、お電話による予約販売のお取り扱いはございません。
      チケット販売期間:10月25日(木)~ 12月27日(木)

    • 奈良県橿原文化会館
      電話:0744-23-2771 橿原市北八木町(木曜休館)
      チケット販売期間:10月26日(金)~12月26日(水)

    • オンラインチケット
      24時間チケットを予約・購入可
      チケット販売期間:10月26日(金)午前9時 ~ 1月11日(金)午後5時

第41回 なら芝能

  • 2018年10月27日(土)
  • 第1部 午後1時~午後2時             第2部 午後2時30分~午後4時
  • 第1部 奈良県文化会館 小ホール          第2部 奈良県庁舎前広場 芝生舞台 ※雨天時は奈良県文化会館 小ホール
  • 窓口販売中

古式ゆかしく
自然そのものを舞台として
演ぜられる能楽をご堪能ください

  • 【販売金額】能楽講座参加料 2,000円(能の鑑賞椅子・解説冊子付)
    立席者は無料 ※但し定員制限を設けます。
  • 【問い合わせ先】 電話:0742-22-2660
  • 【チケット販売所】
    ◎ 奈良春日野国際フォーラム 電話: 0742-27-2630(月曜休館)
    ◎ 奈良県文化会館 電話: 0742-22-0200(月曜休館)
    ◎ 奈良県橿原文化会館 電話: 0744-23-2771(木曜休館)
    ◎ NPO法人 奈良能 電話:0742-22-2660

 

PDFファイルを利用するにはアドビ社が無償配布する「Adobe Reader」をインストールする必要があります。
Adobe Reader(無償配布)は以下バナーをクリックして入手してください。
AdobeReaderバナー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加