奈良春日野国際フォーラム 甍~I・RA・KA~の写真

催し案内

komparu-181125_pu

【終了】奈良金春会演能会(11月25日)

  • 2018年11月25日(日)
  • 午後0時30分はじめ
  • 奈良春日野国際フォーラム 甍~I・RA・KA~ 能楽ホール
  • 窓口販売中

奈良県大芸術祭参加
平成30年度 奈良金春会演能会

能 「野宮」(ののみや)
 嵯峨野野宮の旧跡を訪れた旅の僧(ワキ)が、感慨にふけっていると、女(前シテ)が忽然と現れる。長月七日に光源氏が野宮に籠った六條御息所を訪ねたことや、源氏の愛を失った御息所が娘の斎宮に従い伊勢へ下ったことを女は語る。そして自分は御息所の霊であると明かし、黒木の鳥居の陰に消える。近くに住む男(アイ)から話を聞いた僧が供養をすると、御息所の霊(後シテ)が生前の美しい姿で車に乗り現れる。御息所の霊は、加茂の祭での源氏の正妻葵上との車争いの話をすると、昔を偲んで舞を舞う。
 御息所の悲しみが、秋のしみじみした風景に重ね合わせて描かれています。「序ノ舞」や小柴垣の露を払う場面も見どころです。
 
能 「車僧」(くるまぞう)
 牛も引かないのにひとりでに動く車に乗っているので車僧と呼ばれる僧(ワキ)が、嵯峨野の西山本に車を止めて雪景色を心静かに眺めている。そこへ山伏(前シテ)が現れ、車僧に禅問答を仕掛ける。山伏は愛宕山の天狗太郎坊と名乗ると、黒雲に乗って飛び去る。太郎坊の手下の溝越天狗(アイ)が登場し、車僧を笑わせようとするが失敗する。やがて天狗太郎坊(後シテ)が出現し、車僧を魔道へ誘惑しようと威嚇するが、車僧の威力に屈する。
 太郎坊の動と車僧の静の存在感が対照的な作品です。禅の教えに由来する言葉や、善悪は車の両輪の如しなどといった車に縁ある文句が謡いに出てきます。
                                  解説 中司 由起子

2019年 奈良金春会演能会 予定日
4月21日(日)
6月23日(日)
9月22日(日)
10月20日(日)

2019年 奈良金春連合会 謡曲・仕舞会 予定日
7月21日(日)

  • 番組 (PDF/2.1 MB)
  • 【販売金額】5枚綴回数券   20,000円
    一般1回券    5,000円
    学生1回券    2,500円 ※
    ※ 学生券は、当館ではお取り扱いしておりません。下記お問い合わせ先までお願いいたします。
  • 【問い合わせ先】 電話:0742-33-9720(金春)
  • 【チケット販売所】
    ◎奈良春日野国際フォーラム 甍~I・RA・KA~ 電話:0742-27-2630(月曜休館)
    ◎奈良金春会 電話:0742-33-9720(金春)
船弁慶_H30

新春わかくさ能(2019年1月14日)

  • 2019年1月14日(月・祝)
  • 午後2時開場 午後2時30分開演
  • 奈良春日野国際フォーラム 甍 ~I・RA・KA~
       能楽ホール
  • 2018年10月25日(木)窓口販売開始
       (午前9時 ~ 午後5時)
       電話・インターネット(オンラインチケット)受付は
       2018年10月26日(金)午前9時開始



仕舞「箙」(えびら)
狂言「蚊相撲」(かずもう)
能 「船弁慶」(ふなべんけい)白波之伝

  • チラシ (PDF/1.6 MB)
  • 能楽ホール座席図 (PDF/192 KB)
  • 残席情報 (PDF/84 KB)
  • 【販売金額】S席 4,000円 A席 3,500円 (全席指定)
  • 【問い合わせ先】 主催:奈良県(奈良春日野国際フォーラム)  電話:0742-27-2630
  • 【チケット販売所】

    • 奈良春日野国際フォーラム 甍 ~I・RA・KA~
      電話:0742-27-2630 奈良市春日野町(月曜休館)
      チケット販売期間:10月25日(木)~ 1月14日(月・祝)
      ※ 12月28日(金)~ 1月4日(金)は年末年始休館。

    • 奈良県文化会館(文化情報センター)
      電話:0742-22-0200 奈良市登大路町(月曜休館)
      ※ 申し訳ございませんが、お電話による予約販売のお取り扱いはございません。
      チケット販売期間:10月25日(木)~ 12月27日(木)

    • 奈良県橿原文化会館
      電話:0744-23-2771 橿原市北八木町(木曜休館)
      チケット販売期間:10月26日(金)~12月26日(水)

    • オンラインチケット
      24時間チケットを予約・購入可
      チケット販売期間:10月26日(金)午前9時 ~ 1月11日(金)午後5時

komparukai_180930

【終了】奈良金春会演能会(9月30日)

  • 2018年9月30日(日)
  • 午後0時30分はじめ
  • 奈良春日野国際フォーラム 甍~I・RA・KA~ 能楽ホール
  • 窓口販売中

奈良県大芸術祭参加
平成30年度 奈良金春会演能会

能 「井筒」(いづつ)
 旅の僧(ワキ)が大和の長谷寺に向かう途中、荒れ果てた在原寺に立ち寄り、女(前シテ)と出会う。女は在原業平と紀有常の娘との筒井筒の恋物語などを語り、自分こそ有常の娘であると明かし消え失せる。里の男(アイ)から話を聞いた僧の夢の中に、有常の娘の霊(後シテ)が生前の美しい姿で現れ、業平の形見の衣裳を身にまとい、恋慕の舞(序ノ舞)を舞う。やがて夜が明けると僧の夢も覚める。
 『伊勢物語』二十三段等の中世的理解に基づく作品。有常の娘が業平の身を案じた「風吹けば沖つ白波龍田山、夜半にや君が独り行くらん」の和歌、「筒井筒井筒にかけしまろが丈、生ひにけらしな妹見ざる間に」の求婚の和歌が謡われます。舞台にはススキの付いた井筒(井戸)の作り物が置かれ、有常の娘の霊が井筒をのぞきこむ場面は見どころの一つです。
 
能 「恋重荷」(こいのおもに)
 白河院の臣下(ワキ)が宮中で菊の手入れをする山科の荘司という老人(前シテ)が女御に恋をしていると述べ、老人に一つの提案を告げる。それは、老人が荷を持って庭を廻ることができれば、女御が老人に姿を見せるというものであった。老人は思いを込めて荷を持ち上げようとする。しかし荷は盤(いわお)を錦の布で包んだ重荷であったので、どうしても持ち上がらない。老人は絶望し、憤死する。臣下の従者(アイ)が臣下に老人の死を伝えると、臣下は女御(ツレ)に老人の遺骸を見届けるよううながす。そこへ怨霊となった老人(後シテ)が現れ、女御を責めるが、終には女御の守り神になることを誓う。
 和歌では、恋ゆえに心が苦しい状態を重い荷を持つことに喩えて歌を詠みます。目に見えない恋心を現実の重荷として持たせる趣向。怨霊が持つのは、超人的な力の源の象徴である鹿背杖(かせづえ)です。世阿弥作。
                                  解説 中司 由起子

次回予告
11月25日(日)午後0時30分
能 「野宮」 佐藤 俊之
能 「車僧」 金春 安明

  • 【販売金額】5枚綴回数券   20,000円
    一般1回券    5,000円
    学生1回券    2,500円※
    ※学生券は、当館ではお取り扱いしていませんので、下記お問い合わせ先までお願いします。
  • 【問い合わせ先】 電話:0742-33-9720(金春)
  • 【チケット販売所】
    ◎奈良春日野国際フォーラム 甍~I・RA・KA~ 電話:0742-27-2630(月曜休館)
    ◎奈良金春会 電話:0742-33-9720(金春)
toukae-noh_2018_f_re

【終了】なら燈花会能

  • 2018年8月11日(土)
  • 午後12時開場 午後12時30分開演
  • 奈良春日野国際フォーラム 甍~I・RA・KA~ 能楽ホール
  • 当館窓口、他にて前売り券販売中
  • チラシ(表) (PDF/1.4 MB)
  • チラシ(裏) (PDF/835 KB)
  • 【販売金額】一般前売券 5,000円 / 当日券 6,000円
    学生前売券 2,500円 / 当日券 3,000円
    (当日午前11時より座席指定)
  • 【チケット販売所】
    奈良春日野国際フォーラム 甍~I・RA・KA~ 電話:0742-27-2630
    奈良県文化会館 電話:0742-22-0200
    奈良県橿原文化会館 電話:0744-23-2771
    奈良市観光協会 電話:0742-27-8866
    奈良能 理事長 石原昌和 電話:0742-22-2660

    *以下では現在お取り扱いしておりません*
    奈良県ビジターズビューロー 電話:0742-23-8288
noh theatre

【終了】奈良金春会演能会(6月24日)

  • 2018年6月24日(日)
  • 午後0時30分はじめ
  • 奈良春日野国際フォーラム 甍~I・RA・KA~ 能楽ホール
  • 窓口販売中

平成30年度奈良金春会演能会

能「半蔀」(はしとみ)…紫野の僧(ワキ)が夏の修行の間に仏へ供えた花の供養をしていると、女(前シテ)が忽然と現れる。女は夕顔を捧げ、花の陰に消え失せる。僧は所の男(アイ)に話を聞き、女が光源氏の恋人夕顔の上の霊であると知り、五条あたりへ出かける。すると家屋から夕顔の上の霊(後シテ)が半蔀を押し上げ姿を見せ、夕顔の花が縁となった源氏との恋物語を語り、舞を舞う。夜明けが近づくと、夕顔の霊は半蔀の内へ消えて行く。
 『源氏物語』の夕顔巻に取材。半蔀とは格子状の上部を押し上げて開ける戸のことです。
夕顔の上が語り舞う恋物語と「序ノ舞」が眼目。
能「小鍛冶」(こかじ)…一條の院に仕える橘道成(ワキツレ)が、三條の小鍛冶宗近(ワキ)に剣を打つようにとの天皇の命令を伝える。しかし宗近には相槌をする者がおらず、困り果てた宗近は氏神の稲荷明神に参詣する。すると童子(前シテ)が現れ、ヤマトタケルが東征で敵の野火に囲まれた時に、草薙の剣で草をなぎ払って敵を討った神話などを語る。童子は宗近に剣を打つ準備をして待つように告げ、消え去る。入れ替わりに稲荷明神の末社の神(アイ)が現れ、童子と宗近の出会いなどを語る。宗近が支度を調え祈ると、霊狐(後シテ)が出現、霊狐は宗近の相槌をし、道成に剣「小狐丸」を捧げると雲に飛び乗り、稲荷の峰へと帰って行った。
 童子が草薙の剣の霊験を語る場面や、霊狐と宗近の相槌の様子、霊狐のきびきびとした動きなど、見どころの多い曲です。


次回予告
平成30年度奈良金春会演能会予定日
9月30日(日)能「井筒」「恋重荷」
11月25日(日)能「野宮」「車僧」
各日午後0時30分はじめ

平成30年度連合謡曲仕舞会予定日
7月22日(日)午後1時はじめ

  • 【販売金額】5枚綴回数券 20,000円
    一般1回券 5,000円
    学生1回券 2,500円※
    ※学生券は、当館ではお取り扱いしていませんので、下記お問い合わせ先までお願いします。
  • 【問い合わせ先】 電話:0742-33-9720
  • 【チケット販売所】
    ◎奈良春日野国際フォーラム 甍~I・RA・KA~ 電話: 0742-27-2630(月曜休館)
    ◎奈良金春会 電話:0742-33-9720(金春)
noh theatre

【終了】奈良金春会演能会(4月22日)

  • 2018年4月22日(日)
  • 午後0時30分はじめ
  • 奈良春日野国際フォーラム 甍~I・RA・KA~ 能楽ホール
  • 窓口販売中

平成30年度奈良金春会演能会

能「箙」(えびら)…旅の僧(ワキ)が須磨生田川で「箙の梅」と呼ばれる梅の木の由来を里の男(前シテ)に教わる。男は、源平合戦の時に源氏方の梶原源太景季が、梅花を箙(矢を入れる容器)にさして奮戦したことなどを語る。やがて、自分は景季の霊であることを明かし、消え失せる。生田の里に住む男(アイ)から詳しい話を聞いた僧が眠りにつくと、修羅道におちた甲冑姿の景季(後シテ)の霊が現れ、生田の戦いの激しい様子を見せる。
 景季の霊は箙に梅の枝をさした姿で現れ、戦いのさなかにも風雅に心を寄せた若武者として描かれています。
能「熊坂」(くまさか)…旅の僧(ワキ)が、美濃国赤坂で一人の僧(前シテ)に呼びとめられ、仏像の代わりに武具ばかりが並ぶ庵室に案内される。やがて僧が消え去ると庵も消え失せ、旅僧は野原にとり残される。里の男(アイ)から盗賊熊坂長範のことを教わった旅僧が供養をしていると、熊坂の亡霊(後シテ)が現れる。熊坂は陸奥へ下る途中の金売吉次信隆の宿所を襲ったが、吉次の一行に加わっていた牛若に討たれたことを語り消え失せる。
 二人の僧が対座する前半の場面と、後半で熊坂長範が長刀をふるう激しい戦いの仕方話が対照的な曲です。

平成30年度奈良金春会演能会予定日
6月24日(日)能「半蔀」「小鍛冶」
9月30日(日)能「井筒」「恋重荷」
11月25日(日)能「野宮」「車僧」
各日午後0時30分はじめ

平成30年度連合謡曲仕舞会予定日7月22日(日)

  • 【販売金額】5枚綴回数券 20,000円
    一般1回券 5,000円
    学生1回券 2,500円※
    ※学生券は、当館ではお取り扱いしていませんので、下記お問い合わせ先までお願いします。
  • 【問い合わせ先】 電話:0742-33-9720
  • 【チケット販売所】
    ◎奈良春日野国際フォーラム 甍~I・RA・KA~ 電話: 0742-27-2630(月曜休館)
    ◎奈良金春会 電話:0742-33-9720(金春)
nishimikadokonparu

【終了】故 金春晃實十七回忌追善 西御門金春会別会能

  • 2018年3月21日(水・祝)
  • 午前11時30分開場 午後12時30分開演
  • 奈良春日野国際フォーラム 甍~I・RA・KA~ 能楽ホール
  • チケット発売中

主催:西御門金春会・春栄会
後援:(公社)金春円満井会・奈良金春会・大阪金春会

komparuyasuyuki24th

【終了】第24回金春康之演能会

  • 2018年3月25日(日)
  • 午後2時~午後5時
  • 奈良春日野国際フォーラム 甍~I・RA・KA~ 能楽ホール
  • 2018年1月19日(金)発売、金春康之後援会事務局にて申込

榎並左衛門五郎の原作〈鵜飼〉を
改作した世阿弥は
地獄に行くべき鵜使いの魂を
極楽浄土に送る冥府の鬼に
はじめて「小癋見」の面を使い
どのように演じたのだろうか

  • 第24回金春康之演能会チラシ (PDF/1.7 MB)
  • 【販売金額】正面指定席…5,500円
    脇正面指定席…4,500円
    中正面指定席…3,500円
    学生席…2,500円
  • 【問い合わせ先】 電話:0743-56-3169
  • 【チケット販売所】
    金春康之後援会事務局
    電話/FAX0743-56-3169
    受付時間午前10時~午後5時
wakakusanoh2018

【終了】新春わかくさ能(2018年1月8日)

  • 2018年1月8日(月・祝)
  • 午後2時開場 午後2時30分開演
  • 奈良春日野国際フォーラム 甍~I・RA・KA~ 能楽ホール
  • 2017年10月25日(水)窓口販売開始 午前9時~午後5時 電話及びインターネット予約は2017年10月26日(木)午前9時より受付

狂言「口真似」(くちまね)…銘酒を一樽貰った主人、心安い人と飲みたいと思い、太郎冠者に「御酒を参るようで参らいで、又参らぬかと思えばフト参るような面白い人」を呼んでくるように言い付ける。お酒の上がとても面白い方を呼んできたと言う人を見て主人は驚いた。一杯呑めば一寸抜き、二杯呑めば二寸抜くような恐ろしく酒癖の悪い男、追い返せとは言ったものの、太郎冠者にとめられ仕方なく振る舞って帰すことにする。粗相があっては困ると、主人の言うようするよう口真似をするように言い付けて座敷に入る。言い付けられた通りにする太郎冠者、さて一番迷惑するのは…

能「山姥」(やまんば)波涛ノ舞…山姥の山廻りの曲舞を舞い京童が百万山姥と呼んだ遊女が従者を連れ善光寺へ参ろうと越後の上路の山路にさしかかる。と、まだ日も暮れぬ時間なのに急にあたりが暗くなり、女が現れて真の山姥と明かし、山姥の曲舞が聞きたくて日を暮れさせたと言い、夜更けになれば謡うようにと言い捨てて姿を消す。夜更けて遊女の謡う曲舞にあわせて真の山姥が鬼女の姿で現れ、山中の光景や自身の境涯を語り、四季折々の山めぐりの様を見せて舞い、やがて峰に翔り谷に響きていずかたへともなく去って行く。波涛ノ舞では太鼓の序ノ舞が舞われ、キリの部分では緩急の激しい迫力に満ちたものになる。

  • 新春わかくさ能チラシ (PDF/834 KB)
  • 能楽ホール座席図 (PDF/192 KB)
  • 残席情報 (PDF/80 KB)
  • 【販売金額】S席4,000円 A席3,500円(全席指定)
  • 【問い合わせ先】 主催:奈良県(奈良春日野国際フォーラム)  電話:0742-27-2630
  • 【チケット販売所】

    • 奈良春日野国際フォーラム 甍~I・RA・KA~
      電話:0742-27-2630 奈良市春日野町(月曜休館)
      チケット販売期間:10月25日(水)~1月8日(月・祝)
      ※年末年始12月28日(木)~1月4日(木)は休館のためチケット販売が出来ません。

    • 奈良県文化会館(文化情報センター)
      電話:0742-22-0200 奈良市登大路町(月曜休館)
      チケット販売期間:10月25日(水)~12月27日(水)

    • 奈良県橿原文化会館
      電話:0744-23-2771 橿原市北八木町(木曜休館)
      チケット販売期間:10月25日(水)~12月27日(水)

    • オンラインチケット
      24時間チケットを予約・購入可
      チケット販売期間:10月26日(木)午前9時~1月5日(金)午後5時

noh_hall1_t

【終了】ムジークフェストなら2017 びわ湖ホール4大テノールによるオープニング・ガラ・コンサート

  • 2017年6月10日(土)
  • 午後1時30分開場 午後2時30分開演
  • 奈良春日野国際フォーラム 甍~I・RA・KA~ 能楽ホール
  • 前売 1,500円 / 当日 2,000円※

びわ湖ホール4大テノールによるオープニング・ガラ・コンサート

主催:奈良県、ムジークフェストなら実行委員会
後援:ドイツ連邦共和国総領事館、文化庁

※当日券は残席がある場合に限り、会場にて販売。未就学児の入場はご遠慮ください。

  • 【販売金額】全席自由 1,500円(当日2,000円)
    【当日券】残席がある場合に限り、会場にて販売(500円増し)
  • 【チケット販売所】

    • 【完売】奈良春日野国際フォーラム甍【窓口販売】
      午前9時~午後5時受付(月曜日(祝日の場合は翌日)休)

    • 【完売】奈良県文化情報センター(奈良県文化会館内)【電話、窓口販売】
      電話: 0742-22-0200※電話予約は公演日の2週間前まで。※電話予約の場合、予約後1週間以内にセンターまたはセブン-イレブンでの発券・代金の支払いが必要。
      電話・窓口とも午前9時~午後5時受付(月曜日(祝日の場合は翌日)休)
      (発売初日は、窓口は午前10時~、電話受付は午後2時~)

    • 【完売】ムジークフェストなら2017公式サイトhttp://www.naraken.com/musik/
      ※購入手続き後、セブン-イレブンでの発券・代金の支払いが必要。

    • 【完売】チケットぴあ
      1. 電話予約: 0570-02-9999(要Pコード:327-742)
        ※24時間・音声ガイダンス(毎週火・水曜日の午前2時30分~午前5時30分を除く)
      2. インターネット受付: http://pia.jp/(PC・携帯電話共通)
      3. 店頭販売: チケットぴあ店舗/セブン-イレブン店頭「マルチコピー機」/サークルK・サンクス店頭「Kステーション」
    • 【完売】ローソンチケット
      1. 電話予約: 0570-084-005(要Lコード:58296)※24時間・音声ガイダンス
        0570-000-407(オペレーター予約)※午前10時~午後8時受付
      2. インターネット受付: http://l-tike.com
      3. 店頭販売:ローソン、ミニストップ店頭「Loppi」
    • 【完売】イープラス
      1. インターネット受付: http://eplus.jp/
      2. 店頭販売:ファミリーマート店「Famiポート」

    ※当館以外でチケットをお求めの場合は、所定の手数料等が別途必要です。

 

PDFファイルを利用するにはアドビ社が無償配布する「Adobe Reader」をインストールする必要があります。
Adobe Reader(無償配布)は以下バナーをクリックして入手してください。
AdobeReaderバナー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加