奈良春日野国際フォーラム 甍~I・RA・KA~の写真

能楽ホール

能楽ホール内部画像
能楽ホール楽屋(和室)内部画像(その1)
能楽ホール楽屋(和室)内部画像(その2)

500人収容のホールで、能楽はもちろんのこと、国際会議や講演会等にも使用できるように、目付柱が取りはずし可能で、映写設備、音響設備を備えています。

舞台は尾州檜と台湾檜を使用し、奈良が能楽発祥の地であることから能舞台の形式が確立した室町時代の様式にできるだけ合わせた格調ある能舞台となっています。 舞台裏に位置する楽屋(和室)は、ふすまで仕切られた6部屋からなり、各部屋6畳~8畳程度の畳敷きの和室です。

特徴

  • 同時通訳ブース3室有(通訳機器はありませんので持ち込みが必要です。別途費用にてご用意できます。)
  • 桧造りの舞台(W23.9m×D23.9m)
  • 演能以外の使用目的(講演会等)で利用可能 (目付柱を取りはずし養生を行う)
  • インターネット回線使用可。
  • 自立型スクリーン仮設可能(別途費用かかります)
  • 付帯控室:和室6室(別途使用料かかります)

詳細情報

面積(m²) 収容人数(人) 座席図 レイアウト例
1F 能楽ホール平面図能楽ホール 855 500 座席図 レイアウト
楽屋 (和室6部屋) (1部屋 6畳~8畳程度) - - -

一部有料備品がございます。詳しくは当館スタッフまでお問い合わせください。


施設ご利用例

  • 能楽ホールシンポジウム画像
    シンポジウム
  • 能楽ホール演能会画像
    演能会
  • 能楽ホール講演会画像
    講演会