奈良春日野国際フォーラム 甍~I・RA・KA~の写真

前売チケット情報

naratoukaenoh_240803

なら燈花会能(令和6年8月3日(土))

  • 2024年8月3日(土)
  • 午後0時30分開場 午後1時30分開演
  • 奈良春日野国際フォーラム 甍~I・RA・KA~ 能楽ホール
  • 販売中

なら燈花会能 ~ 故 石原昌和を偲ぶ ~

  • チラシ (PDF/2.3 MB)
  • 入門講座チラシ (PDF/1.2 MB)
  • 【販売金額】
    一般 前売:5,000円 当日:5,500円
    学生 前売当日共:2,000円
    ◎全席自由席
  • 【問い合わせ先】
    奈良能 事務局
    電話:  0742ー24ー5171(不在時留守電対応)
    メール: npohoujin.naranoh@gmail.com
  • 【チケット販売所】
    ■奈良能 事務局
      電話:  0742ー24ー5171(不在時留守電対応)
      メール: npohoujin.naranoh@gmail.com
    ■チケットぴあ:Pコード 526303(外部リンク)(別途手数料等必要です)
    ■出演者(チケット販売のご協力者)
komparukai_240623

令和6年度 奈良金春会演能会(6月23日(日))

  • 2024年6月23日(日)
  • 午後0時半はじめ
  • 奈良春日野国際フォーラム 甍~I・RA・KA~ 能楽ホール
  • 当館窓口販売中

令和6年度 奈良金春会演能会

能「実盛」(さねもり)
 加賀の国篠原(石川県)の里の男(アイ)が、他阿弥上人(ワキ)のもとへ向かう。男は、上人が念仏の時に独り言を言う訳を尋ねることにする。上人と供の僧(ワキツレ)が説法をおこなっていると、老人(前シテ)が聴聞に来るが、老人の姿は上人以外の人には見えない。老人はこの地で討死した斎藤別当実盛の幽霊と明かして、池のほとりに消え失せる。里の男が独り言の訳を尋ね、実盛の物語を語る。そこで上人が弔いをすると実盛の霊(後シテ)が老武者姿で現れる。霊は、討死した実盛の首を池の水で洗うと、鬢髭を染めた墨が流れ白髪に戻ったこと、実盛が錦の直垂で出陣をしたことを物語る。続いて、手塚太郎光盛に討たれた最期の有り様を見せ、さらなる供養を願う。
 老武者の心意気と悲哀を描いた修羅能です。実盛の幽霊が出現したという巷説をもとに作られたとされます。世阿弥作。

能「鍾馗」(しょうき)
 中国の終南山の麓に住む男(ワキ)が、皇帝に意見を申し上げるために都へ向かう途中、怪しい雰囲気の男(前シテ)と出会う。男は、悪鬼を滅ぼし国土を守護するという誓いを皇帝に伝えてほしいと頼む。問われるままに自らは鍾馗であると名乗り、進士の試験に落第して自殺したが、今はその執心を捨てて善をなすと言って姿を消す。山の下に住む男(アイ)が鍾馗の物語を語り、旅の男は鍾馗の供養をする。やがて鍾馗の神霊(後シテ)が宝剣を手に現れ、悪鬼を切り払う。
 世の無常を静かに語るクセと、後半の剣を振う豪壮な鍾馗の様子が見どころです。鍾馗は、病鬼を追い払った故事で知られる神であることから、日本でも、魔除けとして像が屋根等に飾られたり、端午の節句のモチーフになったりしています。
                  
                                   解説 中司 由起子

次回予告 
  7月21日(日)    連合謡曲仕舞会
 10月20日(日) 能「井筒」髙橋 忍    能「野守」金春 嘉織

  • 番組 (PDF/220 KB)
  • 【販売金額】
    四枚綴回数券 20,000円
    一般一回券   7,000円
    学生一回券   3,500円 ※

    ※学生券は当館窓口でも販売いたします。学生証の提示をお願いいたします。
    また、公演当日に主催者より学生証の提示をお願いする場合がございますのでご了承願います。
  • 【問い合わせ先】
    電話:0742-33-9720(金春)
  • 【チケット販売所】
    ◎奈良春日野国際フォーラム 甍 ~I・RA・KA~ 電話:0742-27-2630(月曜休館)
    ◎奈良金春会 電話:0742-33-9720(金春)
komparukai_240421

【終了】令和6年度 奈良金春会演能会(4月21日)

  • 2024年4月21日(日)
  • 午後0時半はじめ
  • 奈良春日野国際フォーラム 甍~I・RA・KA~ 能楽ホール
  • 当館窓口販売 4月2日(火) からの予定です

令和6年度 奈良金春会演能会

能「小袖曽我」(こそでそが)
 曽我十郎祐成(シテ)とその弟五郎時致(ツレ)が、家来の団三郎・鬼王(トモヅレ)を伴い登場。兄弟は、富士の裾野でおこなわれる源頼朝主催の巻狩で、父の敵工藤祐経を討とうと決意する。決行前に兄弟は母(ツレ)に会い、五郎の勘当を許してもらおうとする。十郎は乳母の春日局(アイ)に案内を乞い、母と対面。しかし母は五郎とは会おうとせず、再び勘当を言い渡す。立ち去ろうとした五郎を連れ、十郎は母を説得にかかるが今度は兄弟揃って勘当となる。二人は懸命に決意を述べ、母の情にすがりつつ泣く泣く退出する。ついに母は二人を呼び戻して勘当を解く。心を通わせた母子は門出を祝って宴を設け、名残を惜しむ。兄弟は勇む心を胸に、揃って舞を舞う。
 『曽我物語』には、十郎が母に小袖を乞う場面がありますが、現在の能にはありません。兄弟は「男舞」を相舞します。
 
能「西行桜」(さいぎょうざくら)
 都の西山に住む西行(ワキ)が、能力(アイ)に庵の花見禁制をふれまわさせる。しかし都の人々(ワキツレ)がやって来て花見をさせてほしいと頼むので、西行は仕方なく庵の桜の見物を許す。そこで西行は、心静かに桜を眺めることを妨げられたのは、桜のせいであると歌に詠む。すると夜、西行の前に老木の桜の精(シテ)が現れ、桜に罪はないと西行を諭す。精は都の名所の桜の美しさをたたえると、舞を静かに舞い(序ノ舞)、夜明けと共に消え失せる。
 老木の桜の精と西行が最後には心を通わせ、春の夜のひとときの出会いを惜しみます。
                  
                                   解説 中司 由起子

次回予告 
  6月23日(日) 能「実盛」金春 穂高   能「鐘馗」金春 憲和
  7月21日(日)    連合謡曲仕舞会
 10月20日(日) 能「井筒」髙橋 忍    能「野守」金春 嘉織

  • 番組 (PDF/952 KB)
  • 【販売金額】
    四枚綴回数券 20,000円
    一般一回券   7,000円
    学生一回券   3,500円 ※

    ※当館窓口でも学生券も販売いたします。学生証の提示をお願いいたします。
    また、公演当日に主催者より学生証の提示をお願いする場合がございますのでご了承願います。
  • 【問い合わせ先】
    電話:0742-33-9720(金春)
  • 【チケット販売所】
    ◎奈良春日野国際フォーラム 甍 ~I・RA・KA~ 電話:0742-27-2630(月曜休館)
    ◎奈良金春会 電話:0742-33-9720(金春)
narayaezakura_240427

【終了】復曲能 奈良八重桜(令和6年4月27日(土))

  • 2024年4月27日(土)
  • 12時30分開場 13時30分開演
  • 奈良春日野国際フォーラム 甍  能楽ホール
  • チケット販売等については、
      主催者(奈良八重桜の会)にお問い合わせ願います。
      → ご好評につき、完売いたしました。

いにしへの 奈良の都の八重桜 けふ九重に にほひぬるかな

あらすじ
 のどかな春のある日、都の天皇に仕える臣下が、奈良の春日大社に参詣します。境内には、ナラノヤエザクラを仰ぎ愛でている老人が一人、立ち去る気配はありません。臣下がそのわけを尋ねると、これが古人が歌に詠んだ「いにしへの奈良の都の八重桜…」であると言い、春日大社の起こりについて詳しく語り始めます。そして我こそ水谷神社の神の化身であることをほのめかして姿を消します。
 その夜のこと、臣下がゆめうつつの状態でいると、水谷の神様が現れます。ナラノヤエザクラが咲き誇るなかで、平穏に栄える世を寿ぐのでした。

能《奈良八重桜》復曲、初演に至るまで
 室町時代から現代までに創られた能は三千を超え、大和を舞台とする能は百二十二あるそうです(法政大学名誉教授・能楽研究者=西野春雄氏)。ナラノヤエザクラを題材とするこの能もそのうちの一つですが、江戸時代以降は演じられず埋もれたままになっていました。「奈良八重桜の会」は、設立20周年となる令和3年、興福寺の多川俊映寺務老院を通じてこのことを知り、ぜひ復曲したいと思い立ちました。資金はクラウドファンディングで募り、奈良ゆかりの「金春流」シテ方能楽師、金春穂高氏に復曲を依頼、晴れて初演の日を迎えることができました。
 古来、興福寺東円堂の前に一本の美しいナラノヤエザクラがあったことは、伊勢大輔の詠んだ「いにしえの奈良の都の八重桜…」をはじめ、『沙石集』『七大寺巡礼私記』『多門院日記』など多くの歌や物語で知ることができます。この復曲能《奈良八重桜》も、そんな古典のひとつと言えましょう。

ナラノヤエザクラ
 あらゆる桜のなかでいちばんの遅咲き。蕾は真紅、こぶりで清楚な花を開くと淡いピンク色になり、散り際に再び紅色を濃くする。奈良県、奈良市の花。東大寺塔頭、知足院のものは国の天然記念物。奈良公園に約700本あるほか奈良女子大学、大和文華館などで見られる。

kamengeinou_2303045

【終了】奈良県立美術館開館50周年記念特別展プレイベント
仮面芸能のふるさと奈良

芸能のふるさと奈良で味わい尽くす仮面芸能のトーク&ライブ

  • リーフレット (PDF/2.3 MB)
  • 【販売金額】
    ※座席は当日受付順に指定させていただきます。

    一般‥‥‥‥(各日)2,500円 (両日)5,000円 (すべて税込み)
    大・高生‥‥(各日) 500円 (両日)1,000円 (すべて税込み)
    中学生以下‥無料観覧券(各日先着100名)

     ●無料観覧券は、LMSのみで取り扱います。
     ●定員となり次第、受付終了となります。
     ●親子でお申込みの際は、LMSでお申込みください。
  • 【問い合わせ先】
    仮面芸能のふるさと奈良事務局(LMS内)
    電話:03-6912-0945(平日10時~18時)
  • 【チケット販売所】
    LMS(ラオックス・メディアソリューション株式会社)(外部リンク)
     電話:03-6912-0945(平日10時~18時)
    チケットぴあ(Pコード 516-397)(外部リンク)
    ◇奈良春日野国際フォーラム 甍 ~I・RA・KA~
     電話:0742-27-2630(月曜休館(12/12は臨時開館))窓口販売のみ(9時~17時)
wakakusa-noh_230109

【終了】新春わかくさ能(令和5年1月9日(月・祝))

~能楽の魅力探訪~
  能 「安宅」 ほか 

  • チラシ (PDF/1.5 MB)
  • 【販売金額】
    S席 6,000円(正面) A席 4,000円(中正面、脇正面) 座席図(エリア内自由席)
  • 【問い合わせ先】
    NPO法人奈良能事務所
    電話:0742-24-5171(不在時留守電対応)
    e-mail:npohoujin.naranoh@gmail.com
  • 【チケット販売所】
    • NPO法人奈良能事務所
      電話:0742-24-5171(不在時留守電対応)
      e-mail:npohoujin.naranoh@gmail.com
      奈良能公演日誌(外部リンク)

    • 奈良春日野国際フォーラム 甍 ~I・RA・KA~
      電話:0742-27-2630 奈良市春日野町(月曜休館)
      チケット販売期間:11月8日(火) 9時~1月8日(日) 17時
      ※ 電話による予約販売はありません。

    • 奈良県文化会館(文化情報センター)
      電話:0742-22-0200 奈良市登大路町(月曜休館)
      ※ 電話による予約販売はありません。

    • オンラインチケット(外部リンク)
      24時間チケットを予約・購入可
      チケット販売期間:11月8日(火) 9時~1月8日(日) 23時59分

komparukai_221127

【終了】令和4年度 奈良金春会演能会(11月27日)

  • 2022年11月27日(日)
  • 午後0時半はじめ
  • 奈良春日野国際フォーラム 甍~I・RA・KA~ 能楽ホール
  • 窓口販売中

令和4年度 奈良金春会演能会

「金札」(きんさつ)
 桓武天皇の勅使(ワキ)が臣下(ワキツレ)を伴い、大宮(神社)を造営するために伏見の里を訪れる。宮造りの場に、伊勢国あこねの浦に住む祢宜姿の老人(前シテ)が現れる。老人は「切る物尽くし」の歌と椎の木や柳などの「木尽くし」の歌を謡って、宮の造営を寿ぐ。すると天より金札が降ってくる。老人は、自分は伊勢大神宮が遣わした天津太玉の神と明かして消え失せる。里の男(アイ)が、金札の降ってきた不思議な出来事を語る。やがて、天津太玉神(後シテ)が出現。弓で悪魔を射払って御代をたたえ、金札を宮に納める。
 観阿弥作の謡物「伏見」の一節を含んだ、古い形式の脇能と考えられています。
 
「紅葉狩」(もみじがり)
 女たち(前シテ・ツレ・アイ)が紅葉狩に出かけ、紅葉の木蔭で休んでいると、その近くを馬に乗った武将、平維茂(ワキ)が通りかかる。従者(ワキツレ)に様子をうかがいに行かせると、身分の高い女たちが宴を催しているとのことであった。立ち去ろうとするが、女に引き留められ酒宴に加わり、優雅な舞に見とれているうちに眠ってしまう。女たちの様子が変わり、維茂に「夢を覚ますな」と言い残し姿を隠す。維茂の夢に八幡神の末社の神(アイ)が現れ、女の正体は戸隠山の鬼であると告げ、太刀を授ける。鬼(後シテ)が目覚めた維茂に襲いかかるが、激しい戦いの末に刺し倒される。
 女の優雅な舞が、途中で急に激しい舞へと変化する場面に注目。後半の鬼の登場を予感させます。
                  
                                   解説 中司 由起子

次回予告
◎来年は、奈良春日野国際フォーラム 甍の改修工事に伴い、会場を なら100年会館 中ホール に変更し、開催します。
 令和5年度 奈良金春会演能会 予定日
  4月23日(日) 6月25日(日) 10月15日(日) 11月19日(日) 
 令和5年度 奈良金春連合会 謡曲・仕舞会 予定日
  7月16日(日)

  • 番組 (PDF/1.4 MB)
  • 【販売金額】
    5枚綴回数券 20,000円
    一般1回券   5,000円
    学生1回券   2,500円 ※

    ※申し訳ございませんが、学生券は、当館ではお取り扱いしておりません。
     下記お問い合わせ先までお願いいたします。
  • 【問い合わせ先】
    電話:0742-33-9720(金春)
  • 【チケット販売所】
    ◎奈良春日野国際フォーラム 甍 ~I・RA・KA~ 電話:0742-27-2630(月曜休館)
    ◎奈良金春会 電話:0742-33-9720(金春)
narashibanoh_45th

【終了】第45回 なら芝能(11月5日)

  • 2022年11月5日(土)
  • 第一部 13時開始  第二部 14時30分開始
  • 第一部 奈良県文化会館 小ホール
     第二部 県庁前芝舞台 ※雨天時は奈良県文化会館 小ホール
  • チケット販売中

古式ゆかしく
自然そのものを舞台として
演ぜられる能楽をご堪能ください

  • チラシ (PDF/1.1 MB)
  • 【販売金額】
    能楽講座参加料 2,000円(解説冊子付。第二部会場に椅子席を御用意いたします。)
    第二部 立席者は無料 ※感染対策の為、当日はマスク着用でお越し下さい。
  • 【問い合わせ先】
    NPO法人奈良能 事務局  電話:0742-24-5171  Mail:npohoujin.naranoh@gmail.com
  • 【チケット販売所】
    ◎ 奈良春日野国際フォーラム 電話: 0742-27-2630(月曜休館)
    ◎ 奈良県文化会館      電話: 0742-22-0200(月曜休館)
    奈良県文化会館オンラインチケット(チケットぴあ)(外部リンク)
    ◎ NPO法人奈良能 事務局 電話: 0742-24-5171 Mail:npohoujin.naranoh@gmail.com
komparukai_201129

【終了】令和4年度 奈良金春会演能会(10月16日)

  • 2022年10月16日(日)
  • 12時半はじめ
  • 奈良春日野国際フォーラム 甍~I・RA・KA~ 能楽ホール
  • チケット販売中

令和4年度 奈良金春会演能会

能「敦盛」(あつもり)
 源氏の武将、熊谷次郎直実は出家して蓮生(ワキ)と名乗り、自らが手にかけた平敦盛を弔うために須磨浦一の谷を訪れる。そこへ草刈り男たち(前シテ・ツレ)が笛を吹きながら現れ、蓮生と言葉を交わす。やがて草刈り男たちは去ってしまうが、一人だけ居残った男が、自分は敦盛であるとほのめかし消え失せる。須磨浦の者(アイ)が現れ、敦盛の最期を語り立ち去る。蓮生が供養すると、敦盛の亡霊(後シテ)が出現。敦盛は平家一門の流転の運命を語り舞い、直実に討たれた様を見せ、さらなる弔いを願う。
 青葉などの笛についての謡や敦盛の舞う「中ノ舞」など、風雅な要素のある修羅能。世阿弥作。
 
能「遊行柳」(ゆぎょうやなぎ)
 諸国を廻る遊行上人(ワキ)が供の僧(ワキツレ)とともに奥州白河の関を通りかかり、老人(前シテ)に呼び止められる。老人は古い街道を教えようと言い、古塚の上の「朽ち木の柳」に案内する。さらに昔、西行法師がこの柳の陰で「道のべに清水流るる柳蔭、しばしとてこそ立ちどまりつれ」の歌を詠んだことを語り、塚のほとりに姿を隠す。所の者男(アイ)から話を聞いた上人が念仏を唱えていると、白髪の柳の精(後シテ)が現れる。柳の精は柳にまつわる和漢の故事を語り、舞を舞い消え失せる。
 柳の精は上人の念仏に感謝をし、「序ノ舞」を静かにゆったりと舞います。観世信光による閑寂な趣の作品。
                  
                                   解説 中司 由起子

次回予告 
 11月27日(日)    能「金札」髙橋 忍    能「紅葉狩」金春 飛翔

  • 番組 (PDF/1.5 MB)
  • 【販売金額】
    五枚綴回数券  20,000円
    一般一回券   5,000円
    学生一回券   2,500円 ※

    ※申し訳ございませんが、学生券は、当館ではお取り扱いしておりません。
     下記お問い合わせ先までお願いいたします。
  • 【問い合わせ先】
    電話:0742-33-9720(金春)
  • 【チケット販売所】
    ◎奈良春日野国際フォーラム 甍 ~I・RA・KA~ 電話:0742-27-2630(月曜休館)
    ◎奈良金春会 電話:0742-33-9720(金春)
kuzu_221203

【終了】奈良で能を楽しむ会 特別公演 金春流を楽しむ会 国栖(12月3日)

  • 2022年12月3日(土)
  • 開演 13:15 開場 12:30
  • 奈良春日野国際フォーラム 甍~I・RA・KA~ 能楽ホール
  • チケット販売中
  • 金春流を楽しむ会 国栖 チラシ (PDF/1008 KB)
  • 【販売金額】
    全席自由席
    前売券  一般 6,000円  学生 2,000円
    当日券  一般 8,000円  学生 3,000円
  • 【問い合わせ先】
    NPO法人奈良能
    電話:0742-24-5171(不在時留守電対応)
    メール:npohoujin.naranoh@gamil.com
  • 【チケット販売所】
    ◎奈良春日野国際フォーラム 甍 ~I・RA・KA~ 電話:0742-27-2630(月曜休館)
    ◎奈良県文化会館 電話:0742-22-0200(月曜休館)
    ◎チケットぴあ Pコード:514611(要手数料)
    ◎各出演者(ご協力)

 

PDFファイルを利用するにはアドビ社が無償配布する「Adobe Reader」をインストールする必要があります。
Adobe Reader(無償配布)は以下バナーをクリックして入手してください。
AdobeReaderバナー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加