奈良春日野国際フォーラム 甍~I・RA・KA~の写真

催し案内

daigeinousai_220910

【終了】奈良元林院検番演舞場 「伝統芸能保存会」 大芸能祭

  • 2022年9月10日(土)
  • 13時開場 13時30分開演
  • 奈良春日野国際フォーラム 甍~I・RA・KA~ 能楽ホール

奈良元林院検番演舞場 「伝統芸能保存会」 大芸能祭

~ 伝統芸能 次代への継承 ~

  • チラシ (PDF/1.7 MB)
  • 【販売金額】
    3,500円(税込)全席指定
  • 【問い合わせ先】
    電話:0742-32-2112 (平日9:00~17:00)
  • 【チケット販売所】
    奈良新聞社 企画部 「大芸能祭」 係 電話:0742-32-2112 (平日9:00~17:00)
naradeha_221010_2

【終了】奈良でたのしむ ならでは能(10月10日)

  • 2022年10月10日(月祝)
  • 開演 12:30 開場 11:30
  • 奈良春日野国際フォーラム 甍~I・RA・KA~ 能楽ホール
  • チケット販売中

ならでは能

清経 恋之音取
 源平合戦に敗れ西国へ都落ちした平清経の宅には、妻が寂しく残されていた。そこへ清経の自殺を知らせる為、淡津三郎が来て遺髪を届ける。夫の自殺に驚く妻は、受け入れられず三郎に形見を突き返し泣き伏してしまう。その妻のうたた寝の枕元に清経の霊が…。
 自分を置き去りにして自殺したことを怨み嘆く妻、源氏に追われる焦燥と無益な抗戦への懐疑から耐えきれず死を決断したと訴える夫の、二人のすれ違い。月光の下愛用の笛を吹き念仏を唱えて舟端から身を投げた清経は死後修羅道に堕ちていたが、念仏の功徳で成仏することができたといって消え失せる。
 今回は特殊演出「恋之音取(こいのねとり)」による上演であり、笛方にとっての大曲となる。清経の霊の登場シーンに、笛のみの独奏となり、その音色に誘われるように清経が現れ、笛が止むと清経も止まる。色んな思いが複雑に錯綜しながら妻の前に現れる様子が、「笛」と「無音」で表現される、大変素晴らしい演出。

  • チラシ (PDF/1.9 MB)
  • 【販売金額】
    前売券
     特別指定席  8,000円(お土産付き)
     自由席    6,000円
     学生券    3,000円

    当日券
     各 + 1,000円
  • 【問い合わせ先】
    公演についてのお問い合わせ
    NPO法人奈良能
    電話:0742-24-5171(不在時留守電対応) 
  • 【チケット販売所】
    ◎奈良春日野国際フォーラム 甍 ~I・RA・KA~ 電話:0742-27-2630(月曜休館)
    ◎奈良県文化会館 電話:0742-22-0200(月曜休館)
    ◎チケットぴあ Pコード:指定席;513720 自由席;513719
    ◎カルテットオンライン チケット予約フォーム(外部リンク)

    チケットについてのお問い合わせ
    noh_dai05@yahoo.co.jp
tanosimu_220903_m

【終了】奈良で能を楽しむ会 特別公演(9月3日)

  • 2022年9月3日(土)
  • 開演 13:00 開場 12:00
  • 奈良春日野国際フォーラム 甍~I・RA・KA~ 能楽ホール
  • チケット販売中

奈良で能を楽しむ会 特別公演

翁付キ 高砂 を観る

『翁付キ高砂』
『翁』は能にして能にあらずといわれ、「天下泰平」「国土安穏」を願う神事とされております。
能楽は江戸時代には式楽とされ、翁と脇能を同じシテ(主役)が勤めました。
近年では、この演能形式は非常に珍しく、特に奈良では久しく上演記録がありません。
能楽発祥の地である奈良で能楽の原点ともいえる演目を是非ともお楽しみください。

  • チラシ (PDF/1.6 MB)
  • 【販売金額】
    前売券
      一般  6,000円
      学生  2,000円

    当日券
      一般  8,000円
      学生  3,000円

    全席自由席
  • 【問い合わせ先】
    NPO法人奈良能
    電話:0742-24-5171(不在時留守電対応)
    メール:npohoujin.naranoh@gamil.com 
  • 【チケット販売所】
    ◎奈良春日野国際フォーラム 甍 ~I・RA・KA~ 電話:0742-27-2630(月曜休館)
    ◎奈良県文化会館 電話:0742-22-0200(月曜休館)
    ◎チケットぴあ Pコード:513367
    ◎各出演者
naratoukaenoh_220806

【終了】なら燈花会能(令和4年8月6日(土))

  • 2022年8月6日(土)
  • 午後0時30分開場 午後1時30分開演
  • 奈良春日野国際フォーラム 甍~I・RA・KA~ 能楽ホール
  • 当館窓口、他にて販売中

なら燈花会能 ~ 競い合う美と力 ~

  • チラシ (PDF/2.0 MB)
  • 【販売金額】
    前売券 一般 5,000円
        学生 2,000円
    当日券 一般 5,500円
        学生 2,500円
    ◎全席自由席
  • 【問い合わせ先】
    奈良能 事務局
    電話:  0742ー24ー5171(不在時留守電対応)
    メール: npohoujin.naranoh@gmail.com 
  • 【チケット販売所】
    奈良春日野国際フォーラム(月曜休館) TEL:0742-27-2630
    奈良県文化会館(月曜休館)      TEL:0742-22-0200
    チケットぴあ:Pコード 512516 購入方法はコチラ(外部リンク)

    出演者(チケット販売のご協力者)
komparukai_201129

【終了】令和4年度 奈良金春会演能会(6月19日)

  • 2022年6月19日(日)
  • 午後0時半はじめ
  • 奈良春日野国際フォーラム 甍~I・RA・KA~ 能楽ホール
  • 窓口販売中

令和4年度 奈良金春会演能会

能「二人静」(ふたりしずか)
 吉野勝手明神の神職(ワキ)が、神に供える若菜を摘んでいた女(ツレ)に帰ってくるよう命じる。女が菜摘川のほとりで若菜を摘んでいると、一人の女(前シテ)が現れ、自分の供養をしてほしいと頼み、姿を消す。菜摘みの女が神職にこの出来事を話していると、先ほどの女の霊が菜摘みの女にのりうつる。女の霊は静御前であるとほのめかし、昔自分の着した舞の衣装が神社の宝蔵にあると言う。菜摘みの女がその衣を着て舞を始めると、静の霊(後シテ)も同じ衣装で女に寄り添うように舞う。
 同じ姿の二人が舞う「序ノ舞」が見どころの一つ。吉野山における源義経の逃避行や、静が頼朝の前で「しづやしづ」の舞を舞ったことが語り舞われます。。
 
能「熊坂」(くまさか)
 旅の僧(ワキ)が美濃国赤坂で一人の僧(前シテ)に呼びとめられ、武具ばかりが並ぶ持仏堂に案内される。やがて僧が消え去ると持仏堂も消え失せ、旅僧は野原にとり残される。赤坂の宿の者(アイ)から大盗賊熊坂長範のことを教わった旅僧が供養をしていると、熊坂の亡霊(後シテ)が現れる。熊坂の霊は、かつて陸奥へ下る途中の金売吉次伸隆の宿所を襲い、吉次の一行に加わっていた牛若(源義経)に討たれた有様を仕方話に語る。
 二人の僧が対座する静かな前半の場面と、後半で熊坂が長刀をふるう激しい戦いの仕方話が対照的な曲です。
                  
                                   解説 中司 由起子

次回予告 
  7月10日(日)    連合謡曲仕舞会
 10月16日(日) 能「敦盛」中田 能光    能「遊行柳」金春 康之
 11月27日(日) 能「金札」髙橋 忍     能「紅葉狩」金春 飛翔

  • 番組 (PDF/2.3 MB)
  • 【販売金額】
    五枚綴回数券 20,000円
    一般一回券   5,000円
    学生一回券   2,500円 ※

    ※申し訳ございませんが、学生券は、当館ではお取り扱いしておりません。
     下記お問い合わせ先までお願いいたします。
  • 【問い合わせ先】
    電話:0742-33-9720(金春)
  • 【チケット販売所】
    ◎奈良春日野国際フォーラム 甍 ~I・RA・KA~ 電話:0742-27-2630(月曜休館)
    ◎奈良金春会 電話:0742-33-9720(金春)
komparukai_221127

【終了】令和4年度 奈良金春会演能会(4月24日)

  • 2022年4月24日(日)
  • 午後0時半はじめ
  • 奈良春日野国際フォーラム 甍~I・RA・KA~ 能楽ホール
  • 窓口販売中

令和4年度 奈良金春会演能会

能「西王母」(せいおうぼ)
 古代中国の周の穆王(ぼくおう)に仕える官人(アイ)が、王の治世をたたえ行幸を告げ、穆王(ワキ)が大臣(ワキツレ)を連れて豪華な宮殿に行幸する。そこへ女(前シテ)がやって来て、三千年に一度だけ花咲き、実を結ぶ仙境の桃の花を捧げる。女は西王母の分身であると明かして天に上る。王が管絃を奏して待つと、西王母(後シテ)と桃の実を持った侍女(ツレ)が現れる。西王母は王に桃の実を捧げ、舞を舞うと空へ消えて行く。
 仙女西王母が御代を祝して捧げ物をする、めでたく華やかな作品です。寺院の法会の後におこなわれた延年風流の演目の影響があるとされます。
 
能「通小町」(かよいこまち)
 八瀬の山里で夏を過ごす僧(ワキ)のもとに女(ツレ)がやって来る。女は木の実を捧げて木の実尽くしの歌を謡うと、小野小町の霊であるとほのめかし消え失せる。僧は市原野に小町の墓があることを思い出し、市原野で小町の供養をする。すると小町の霊(ツレ)が現れて成仏を願う。さらに生前、小町に恋をしていた深草の少将(シテ)の霊も現れる。少将は百夜通いの様を再現してみせ、小町への執心と苦悩を語り、僧の弔いにより小町と共に成仏する。
 少将は恋心を伝えるために小町のもとへ百夜通おうとしますが、九十九夜で焦がれ死にしました。<通小町>は、金春権守が奈良多武峰で演じた作品を観阿弥が改作した能。さらに世阿弥の手も加わっているとされています。
                  
                                   解説 中司 由起子

次回予告 
  6月19日(日) 能「二人静」金春 穂高   能「熊坂」金春 憲和
  7月10日(日)    連合謡曲仕舞会
 10月16日(日) 能「敦盛」中田 能光    能「遊行柳」金春 康之
 11月27日(日) 能「金札」髙橋 忍     能「紅葉狩」金春 飛翔

  • 番組 (PDF/2.3 MB)
  • 【販売金額】
    五枚綴回数券 20,000円
    一般一回券   5,000円
    学生一回券   2,500円 ※

    ※申し訳ございませんが、学生券は、当館ではお取り扱いしておりません。
     下記お問い合わせ先までお願いいたします。
  • 【問い合わせ先】
    電話:0742-33-9720(金春)
  • 【チケット販売所】
    ◎奈良春日野国際フォーラム 甍 ~I・RA・KA~ 電話:0742-27-2630(月曜休館)
    ◎奈良金春会 電話:0742-33-9720(金春)
komparuyasuyuki_28th

【終了】第28回 金春康之演能会

  • 2022年3月20日(日)
  • 午後2時~5時
  • 奈良春日野国際フォーラム 甍 ~I・RA・KA~ 能楽ホール
  • 2022年1月21日(金)より発売

六条河原院のもの侘びた塩釜の景は荒れ果て
そこに立ち帰った貴公子の亡霊は
恋しや恋しやと失われた風雅の幻を追う...

その美しさを描いて侘びの美を求めた世阿弥の名作《融》

  • チラシ (PDF/1.7 MB)
  • 予習講座のチラシ (PDF/1.0 MB)
  • 【販売金額】
    全席指定
    正面・・・・・・5,500円
    脇正面・・・・4,500円
    中正面・・・・3,500円
    学生・・・・・・2,500円
  • 【問い合わせ先】
    金春康之後援会事務局(10時~17時)
    TEL/FAX 0743-56-3169 
  • 【チケット販売所】
    金春康之後援会事務局(10時~17時)
    TEL/FAX 0743-56-3169
wakakusa-noh_220116

【終了】新春わかくさ能(令和4年1月16日(日))

能の力 ~コロナ終息祈願特別講演~
  素謡 「神歌」(かみうた)
  一調 「難波」(なにわ)
  新作能「アマビエ」

  • チラシ (PDF/1.8 MB)
  • 【販売金額】
    5,000円(全席自由席)
  • 【問い合わせ先】
    NPO法人奈良能事務所
    電話:0742-24-5171
    e-mail:npohoujin.naranoh@gmail.com 
  • 【チケット販売所】
    • NPO法人奈良能事務所
      電話:0742-24-5171
      e-mail:npohoujin.naranoh@gmail.com
      奈良能公演日誌(外部リンク)

    • 奈良春日野国際フォーラム 甍 ~I・RA・KA~
      電話:0742-27-2630 奈良市春日野町(月曜休館)
      チケット販売期間:11月16日(火) 9時~1月15日(土) 17時
      ※ 電話による予約販売はありません。

    • 奈良県文化会館(文化情報センター)
      電話:0742-22-0200 奈良市登大路町(月曜休館)
      ※ 電話による予約販売はありません。

    • オンラインチケット(外部リンク)
      24時間チケットを予約・購入可
      チケット販売期間:11月16日(火) 9時~1月15日(土) 23時59分

kyouenn_211225

【終了】能楽大和四座 立合い競演(令和3年12月25日(土))

  • 2021年12月25日(土)
  • 12:00開場 12:30開演
  • 奈良春日野国際フォーラム 甍 ~I・RA・KA~
       能楽ホール
  • 当館窓口(午前9時~午後5時)、他、にて販売中

観世流 宝生流 金春流 金剛流
能楽大和四座 立合い競演

  • チラシ (PDF/1.8 MB)
  • 【販売金額】
    前売券 一般 5,000円 学生 1,000円
    当日券 一般 7,000円 学生 3,000円
    (全席自由席)
  • 【問い合わせ先】
    NPO法人奈良能事務所
    電話:0742-24-5171
    e-mail:npohoujin.naranoh@gmail.com 
  • 【チケット販売所】
    • NPO法人奈良能事務所
      電話:0742-24-5171
      e-mail:npohoujin.naranoh@gmail.com
      奈良能公演日誌(外部リンク)

    • 奈良春日野国際フォーラム 甍 ~I・RA・KA~
      電話:0742-27-2630 奈良市春日野町(月曜休館)
      チケット販売期間:11月10日(火) 9時~12月24日(金) 17時
      ※ 電話による予約販売はありません。

    • 奈良県文化会館(文化情報センター)
      電話:0742-22-0200 奈良市登大路町(月曜休館)
      ※ 電話による予約販売はありません。

    • チケットぴあ Pコード:509501(外部リンク)
      チケット販売期間:11月15日(月) 10時~

nohcaravan211222

【終了】日本全国能楽キャラバン!奈良特別公演(12月22日)

  • 2021年12月22日(水)
  • 14時開演
  • 奈良春日野国際フォーラム 甍~I・RA・KA~ 能楽ホール
  • 10月8日(金)~12月20日(月)
      カンフェティ及び公演特設サイトにて前売り販売

日本全国能楽キャラバン!
奈良特別講演
~奈良からはじまる、能楽の旅~
【春日野公演】

 

PDFファイルを利用するにはアドビ社が無償配布する「Adobe Reader」をインストールする必要があります。
Adobe Reader(無償配布)は以下バナーをクリックして入手してください。
AdobeReaderバナー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加